プリンタは安いけどインクカートリッジに結構お金がかかります

キャノンのプリンタを使っています。インクは必ずキャノンの純正と決めています。とてもきれいに印刷できて満足していますが、インクが思いのほか早く終わるので、結局インク代に結構お金を使っています。

6色マルチパックのお徳用を買っても、インクの減り方は均一ではなく偏りがあるので、次回の6色パックを買うまでは、一色ずつの割高のインクを買うことになります。インクの種類を間違えないように、紙に「キャノン326BK」などと書いて、あるいはもっと確実にインクの空き箱を持参で近くのホームセンターに買いに行きます。

店では万引き防止のためでしょうか、客が直接インクカートリッジを買い物かごに入れられないようになっています。いちいちカウンターで店員に紙や空き箱を見せてこれを下さいと頼まなければなりません。慣れている定員ならさっとインクを探して出してくれますが、中には相当時間がかかる店員もいて、ここでの待ち時間はだいぶ差があります。

先日、私が忙しくて買い物に行けない時、子どもにインクを買ってくるように頼みました。紙に正確に書いたつもりですが、子どもが買ってきたのはなんと純正品ではなかったのです。子どもが店員に紙を見せて出てきたのは安い非純正の品物だったのです。こんな時、一言どちらにしますかと声をかけてもらえたらよかったのにと思いましたが、「純正」の文字を書かなかった私の責任でもあります。急ぎの提出物がありインクが必要だったので、今度は私が出向いて純正品に交換してもらいました。

店頭でインクを買うのは店員も客も面倒な事が多いので、今度は通販で買ってみようかなと思っています。